30代で家を買うメリットとは?適切な時期の購入でお得に買える!

いつかはマイホームを持ちたいと考えているけど、家の購入って何歳くらいに買うのがベストなの?

実際いつかは買おうと思いっているけどどのタイミングで買うのがいいのか悩んでいる方は多くいると思います。

そんな家の購入に悩んでいる人たちに是非知っていただき参考にしてもらいもらいたいと思います!

ローンはメリットが多い30代で組むのが一番!

率直に言うと、30~35歳くらいまでにローンを組むことをお勧めいたします。

実際に30代で家を購入される方が一番多くはありますが、理由としては30代で住宅ローンを組むのが一番メリットが多いという点にあります。

30代でローンを組むのが良い理由

  • ローンの審査が通りやすい
  • 団体信用保険に入りやすい
  • 20代に比べて頭金をしっかり用意できる
  • 家を買うなら早ければ早い方が住宅費を抑えられる。

などなど。メリットはそれぞれありますが、詳しく解説していきます。

家のお買い物

住宅ローンの審査に通りやすい

住宅ローンの審査を判断する基準として大部分を占めているのは、「年齢」です。

借入れ時の年齢完済時の年齢というのが重要な審査基準となるのです。

30代で住宅ローンを組んだ場合、定年退職までに完済することを目標にローンを組みます。

返済期間も十分にあるという点や、毎月の返済額の無理のない返済計画を立てやすいという点から審査が通りやすいと言われています。

年齢のほかにも、収入や雇用形態、金融履歴なども審査対象となります。

 

住宅ローンお金と電卓

 

長期の返済は不安だらけ?万が一の時のための団体信用保険。

団体信用保険とは、住宅ローンの返済途中になにかしらの理由で返済が不可能になってしまった場合(返済者が死亡してしまう・高度の障害状態に陥った場合)にローンの弁済をしてくれる生命保険です。

この保険の審査項目には、健康状態があります。

年齢が上がると健康面にも問題がでてきたりするので、30代の健康なうちに審査しておくと良いでしょう。

ちなみに、この保険の審査が通らないと、住宅ローン審査も通らなくなってしまうことがあるので注意が必要ですね。

 

和モダンの玄関への横浜戸建てリノベーション

20代でローンを組むより30代で組んだ方がお得になる?!

ここまで30代で住宅ローンを組むのがいいタイミングであるとお話してきましたが、早ければ早いほどいいのではないかと思った方もいるのではないでしょうか?

20代のうちに住宅ローンを組んだ場合、その分ローンの返済も早期に完済できる点はメリットです。

ですが実は、「頭金」と「月々の返済額と返済期間」の違いから30代で組んだ方がお得になるのです。

20代と30代とでは、用意できる頭金の違いがあります。

20代の社会人デビューして間もない頃ではお給料が少なく今は頭金ゼロで住宅ローンを組むこともできるため、全額を住宅ローンとして組んだと想定しましょう。

それに比べて30代は昇進・昇給などがあり、金銭的に余裕が出てくるので頭金を用意しやすいと言えるでしょう。

また、30代はローンの返済期間を短縮しやすいという点から、利子の額を減らすことができます。

頭金ゼロで35年ローンで組んだ場合の20代と頭金500万で25年ローンで組んだ場合の30代とでは、総返済額が30代で購入した場合の方が抑えることができるのです。

ローンを長く組めばその分利子も増えます。

組む際には利子も含め計画を立てましょう。

 

ローンの総返済額だけをみれば上記のように30代で組んだ方がコストを抑えることができますが、忘れてはいけないのが、頭金を貯金する間に住んでいる賃貸の家賃です。

この家賃などを入れると総住宅費はかなり変わるので、いつくらいに購入するのが良いのかはお二人で話し合ってしっかりライフプランを立てましょう。

私たちは、皆さんが賢く理想の生活を送るために結婚~住宅までをサポートいたします。

プロのファイナンシャルプランナーによるライフプランニングとプロの建築士による理想の家づくりでより良い人生を手に入れましょう。

窓際収納を梁に合わせた設計に|ウェディングリノベーション

賢く・お得に!あなただけの「自慢の家」をプロデュース

ウエディングリノベーションは、これから結婚する方や結婚して賃貸住宅にお住まいの方に、中古物件のリノベーションを通して、賢い住宅購入をお手伝いするサービスです。

ファイナンシャルプランナーが物件購入およびリノベーションの資金、月額の返済額・ローン計画、家具・家電の購入費、結婚資金、お子様の教育費…など、将来かかるお金の試算と人生設計をサポート。

無理のない購入ができるよう、物心両面で支援いたします。

夢のマイホームでそのまま長く住み続けるのも良し、賃貸や売却に出して不動産収入を得るのも良し。

あなたの人生を、もっとお得にプロデュースしませんか?

まずはお気軽にご相談ください!↓↓↓