知らないと損?中古物件でも住宅ローン減税って適用されるの?

結婚と同時に家を購入するカップルが増えてきています。

その家の購入をする人のほとんどが住宅ローンを利用して購入されるかと思います。

その住宅ローン、実は知っているのと知らないとでは大きな差が!

住宅ローン減税とは??

中古物件でも住宅ローン減税が適用される!

住宅購入を検討し始めた方なら、聞いたことがあるかもしれません。「住宅ローン減税」や「住宅ローン控除」という住宅借入金等特別控除という制度。

物件を購入して住宅ローンを組んだ際に、一定の条件を満たしている場合に確定申告の所得税額から減税することができる制度になります。

実は、こちらは新築だけではなく中古物件での適用もできるんです。

2022年度から控除率が引き下げられるという改正がありましたが、中古物件に関しての改正もあり、適用条件が大幅に緩和することで購入しやすくなりました!

さらに住宅ローンの種類を、住宅ローンとリフォームローンを併せたリフォーム一体型ローンにすることでこちらのローンも減税対象になるので、これから中古物件を買ってリノベーションを考えている人にはぜひ知っておいてほしい制度です。

リフォーム一体型ローンについてはコチラ→住宅ローンを組むのは不安。そんなあなたに賢いローンの組み方教えます!

住宅ローン減税

最大21万?!どれくらい減税されるの?

2022年度から制度の変更があり、控除率は1.0%から0.7%へ引き下げられました。

住宅ローンの年末残高×0.7%】が計算式です。

新築、中古どちらの物件も同じ控除率になりますが住宅の種類等によって控除できる金額の上限があります。

そして、控除期間は10年となります。

中古物件に関しては、年間最大で21万円も減税されるそうなので適用される物件の購入の方がお得感がありますね。

家族と電卓

減税を受けるための適用条件って?

新築・中古と条件は違うのでどちらを買うのかによって変わります!今回は中古物件の条件をまとめました。

  • 築年数
  • 購入した日から入居までの期間
  • 本年中の所得金額が決められた金額以内であること
  • 返済期間が10年以上であること
  • 居住の用に共していること
  • 住宅の床面積
  • 耐震基準
  • 租税特別措置法の適用の有無

などなど上記以外にも細かい条件もいくつかあるので自分たちが満たしているのかはしっかりと確認する必要がありますね。

そして確定申告をしないとこの減税は適用されないので忘れないようにしましょう。

サブウェイタイルでデザインしたキッチンとダイニングて0ブルの導線|ウェディングリノベーション
サブウェイタイルでデザインしたキッチンとダイニングて0ブルの導線

知らないなんてもったいない!住宅ローン控除

家を買うって大きな買い物ですよね。

なのでできる限りコストは抑えたいもの。

知っていると知らないとでは住宅費にかかる費用の差が大きいかと思います。

賢く、お得にあなたのマイホームを手に入れましょう。

関連記事→【2022完全版】結婚と同時に考えるべきお金の事とライフプラン

LDは無垢材を使用したフローリングと造作収納棚。木の温もりが感じられる落ち着いた空間に。|ウェディングリノベーション

賢く・お得に!あなただけの「自慢の家」をプロデュース

ウエディングリノベーションは、これから結婚する方や結婚して賃貸住宅にお住まいの方に、中古物件のリノベーションを通して、賢い住宅購入をお手伝いするサービスです。

ファイナンシャルプランナーが物件購入およびリノベーションの資金、月額の返済額・ローン計画、家具・家電の購入費、結婚資金、お子様の教育費…など、将来かかるお金の試算と人生設計をサポート。

無理のない購入ができるよう、物心両面で支援いたします。

夢のマイホームでそのまま長く住み続けるのも良し、賃貸や売却に出して不動産収入を得るのも良し。

あなたの人生を、もっとお得にプロデュースしませんか?

まずはお気軽にご相談ください!↓↓↓