リノベは、資金計画が大切!?失敗例から成功の秘訣を調べてみた【第8話】

アラサーカップル、結婚と家に本気です。【第8話】
~人生の支出はトータルシンキング!~

30歳までの結婚を夢見る可奈子とその彼・洋平。
これからの暮らしでかかるお金のこと、将来住む家のことを2人と一緒に考えていきませんか?

☆ 登場人物


可奈子
28歳。食品商社の貿易事務。
最近友人の結婚や出産が相次ぐ中で、結婚を意識するように。
結婚後も、仕事は続けていきたいと考えている。


洋平
30歳。化学メーカーの研究職。
いわゆる仕事人間。月100時間を超える残業もいとわない。
趣味は貯金、ベイスターズの試合観戦。

リノベは、資金計画が大切!?失敗例から成功の秘訣を調べてみた

こんにちは!暑くなってきましたね。
お風呂上がりのアイスがやめられない可奈子です。
仕事帰りにスーパーに寄って、毎日1個買って帰るのが楽しみで仕方ありません。
そんなアイスよりも気になっているのが、もちろん「リノベ」のこと。
最近はヒマができると、スマホで「リノベ 〇〇」と気になることを検索して、
いろいろな記事を読みあさっています。
スマホ画面には、自然とリノベの広告バナーがたくさん出てくるように(汗)

先日も、とても気になる広告メッセージが画面に飛び込んできました。

「家づくり。失敗しない間取りのレシピ。
   料理にもレシピがあるように、
   家づくりにも優れたレシピがあります」

「なんだか素敵な言葉ですが、
えっ、そもそもリノベで失敗って、あるの?」と思いました。
けど、「リノベ 失敗」で検索してみると、
意外なほどに“失敗例がたくさん出てきた”のです。

ただ、ここで可奈子、悟りました。
「失敗例を知ることが、成功への道標となるはず」だと(キラーン!)
ちょっとパターンをまとめてみたのでご紹介しますね。

リノベ成功の秘訣その1「未来を見据えた将来設計を」

念願のリノベ物件&マイホームに住み始めてから数年経って、
「なんでこんな家になってしまったの…」と後悔する人は多いらしいです。
家族構成やライフスタイルの変化によって間取りやデザインに不満を感じたり、
売って住み変えようと思ってもそもそも売れなかったり(売っても損する)…。

そもそも10年、20年、30年先を見越して、将来ずっと住むのか、売るのか、貸すのか、
子どもの誕生、子育てなど、トータルに考えないとなかなか上手くいかないんだとか。
なるほど〜。先を見越した計画が大切ってことですね(納得)。

リノベ成功の秘訣その2「予算を見極めた資金計画を」

好きな間取り・デザインを楽しめるのが、リノベーション最大の魅力ですよね。
ただ、理想の間取りや設備をあれもこれもと追求した結果、
追加費用が発生し、予算オーバーしてしまうケースも多いそう。


結果的に、優先順位をつけて取捨選択することになり、
満足できない中途半端なリノベになったり、リノベには満足できても
毎月の返済が厳しく、生活にゆとりがなくなってしまったり、

なんてこともよくあるのだとか。

やっぱり初めの計画段階で、収入に対する物件購入費やリノベ費用、ローン返済額などの
予算をしっかりと見極めることが、成功のポイントなのかもと思ったのです。

今回のまとめ

きちんとした資金計画と将来設計こそ、リノベ成功の道。
好き勝手できる&お得だからと、
簡単にリノベに飛び付くのは、禁物かもしれない。
建てる時だけでなく、10年、20年先の計画をしっかりしておかないと、
あとあと「失敗した〜」と後悔することにもなりかねないかも(汗)

でも、購入段階できちんと計画できる人って、少なそう。。
気軽に相談できる専門家とかが居れば、良いのだけど〜。