中古物件はやばい?購入するときに注意することは?

新居探しをするときに選択肢として出てくる中古物件。

新築より安く買えるものの、実は「少しでも不安がある場合は購入しない!」と思っている人は半数以上いるようです。

中古物件を買うときにどんなことが不安なのか、購入するときの注意点について徹底分析していきます!

中古物件買うとき、どんなことが気になる?不安要素ベスト5

中古物件を買うときに不安になる点ベスト5を紹介します!

  1. 構造上の問題はないか?
  2. 耐震基準は満たしているのか?
  3. 設備に不具合はないか?
  4. 給排水管などの水回りは問題ないか?
  5. その他、何か欠陥はないか?

このほかにも近隣住人がどんな人なのか・・・など様々な不安要素がありますね。

夫婦で悩む

どんなことに気を付けたらいいのか?

1位と2位は建物そのものが不安というもの。

耐震基準を満たしているかどうかも大事ですが、マンションの場合は管理がしっかり行われているのかどうかが大事です。

定期的に耐震改修や補強を行っているマンションであれば、新耐震基準に満たない場合でもいい物件はたくさんあります。

逆に新耐震基準だからと言ってずさんな管理をしている場合はこれから数十年と住む場合将来が不安になりますね。

マンションの管理体制は確認しておくと良いでしょう。

設備などは、すでに何十年と使われているものもあると思うので、購入前にチェックしてもすぐに壊れてしまう可能性もあります。

ずっと使えたらラッキーくらいに思っておいた方が良いでしょう。

また築年数が経っている物件は給排水やダクトなども老朽化しています。

内見に行っても自分達だけではどうしても確認しづらいかもしれません。

事前に給排水管の過去の交換状態やトラブルがないか確認した方がいいでしょう。

リビングが見渡せるキッチン

だいたいの不安はリノベーションでカバーできる?!

実は、今までお伝えした不安要素の3位から5位はリノベーションでカバーすることができるのです!

建物の構造や、耐震基準は建物そのものなので難しいですが、内装部分を変えることはスケルトンリノベーションにすることで一新することができます。

スケルトンリノベーションでは、躯体(建物を支える構造部材)以外の物を全て解体するところから始まります。

なので、古い設備ももちろん、給排水管やダクトなども新しいものに変わります。

不具合や、欠陥はスケルトンにすることで新しくなり不安もなくなりますね。

約17畳のリビングダイニング・スケルトンリノベーション|ウェディングリノベーション

ほぼ新築?リノベーションはここまでできる!

ご主人・奥様の趣味はゲーム。

二人で並んでゲームをしたい!という要望から、回転ウォールを取り付けたリビングの施工例です。

普段は一つのテレビのみのリビングですが、一緒にゲームをするときは壁を回転させて二つのモニターで楽しむことができます。

二人らしさが詰まっているオリジナルのリビングとなりました。

さらに、スケルトンリノベーションをすることで内装は一新されるので新築同様になります。

ダクトや配管もそうですが、自分達のライフスタイルに合わせた間取りにすることができるのでこだわりの家造りができるのがリノベーションです。

詳しい施工事例はこちら→横浜市・新婚夫婦の中古マンションリノベーション!快適ゲームリビング造り完成しました。

壁ごと回転してもう1台のTVを設置|ウェディングリノベーション

賢く・お得に!あなただけの「自慢の家」をプロデュース

ウエディングリノベーションは、これから結婚する方や結婚して賃貸住宅にお住まいの方に、中古物件のリノベーションを通して、賢い住宅購入をお手伝いするサービスです。

ファイナンシャルプランナーが物件購入およびリノベーションの資金、月額の返済額・ローン計画、家具・家電の購入費、結婚資金、お子様の教育費…など、将来かかるお金の試算と人生設計をサポート。

無理のない購入ができるよう、物心両面で支援いたします。

夢のマイホームでそのまま長く住み続けるのも良し、賃貸や売却に出して不動産収入を得るのも良し。

あなたの人生を、もっとお得にプロデュースしませんか?

まずはお気軽にご相談ください!↓↓↓