二人暮らし、いつまで賃貸に住む?マイホーム を買うタイミングって?

同棲中のカップルでこれから結婚を考えている方や、結婚したてのカップルの新居事情。

二人暮らしを始めるときは賃貸に住む方が多いかと思いますが、結婚や子供の誕生などを機にこれからの事を話し合っていかれると思います。

今は賃貸に住んでいるけど賃貸と、家の購入ってどちらがいいのか悩むところですよね。

そして賃貸をやめて家を買うタイミングっていつがいいの?と思う方も多くいるのではないでしょうか。

今回は賃貸をやめて、持ち家の買い時についてお話します。

結婚を機に?賃貸の更新を機に?どのタイミングで買えばいい?

今結婚を前提に同棲しているカップルや、結婚したてのカップルの方々はどのタイミングで家を買うのが一番いいのでしょうか。

結婚、出産、子育て、老後の様々なライフステージを考慮して将来を見据えたお買い物をしていきたいですね。

結婚前のカップルはやはり、結婚と同時に家をどうするか考えるタイミングとなるでしょうし、今住んでいる賃貸の家の更新が近づくと更新するか、引っ越すか迷われると思います。

実際家の購入は大きな買い物となるので賢く失敗しないように買いたいですよね。

いざ家を買うとなると、賃貸よりも手軽に契約ができるわけではないので、後回しにしがち…なんてことも。

ですが、実は賃貸に住んでいる間も家賃は発生していて生涯の住宅費は増えるばかりとなります。

賃貸を早くやめて家の購入に支払いをした方がトータルで計算すると安く済むので、なるべく早めの選択をした方が生涯の住宅費のコストを抑えることができるのです。

結婚したら家買う

他のカップルはどのタイミングで買う人が多いの?

マイホーム購入の年齢は、30代が一番多く、次いで40代。

30代は結婚、出産・子育て、仕事など人生でも最もライフイベントが多い年代で、子供の成長に伴い家の購入を検討する人の割合が高くなるようです。

40代になると今度は子供の進学・独立があったり、老後の生活を見据えて検討する人が多くなるかと思います。

30~40代はライフステージの変動が多く、将来を見据えた家の購入が必要になりますね。

それぞれのタイミングで家の購入を検討するかと思いますが、賃貸に長く住めば住むほど生涯の住宅コストがかかるだけではなく、ローンの完済も定年後にかかってしまうこともあり、ライフプランだけではなくマネープランもしっかりと立てておくことをおすすめします。

関連記事:→30代の家探し。賢く家を買いたい!

Buy or Rent

賃貸に住めば住むほど、生涯コストがかかるのはなぜ??

簡単にざっくり計算をしてみても、家賃8万円の賃貸に30年住んだとしても2880万。更新料は120万。

これだけで3000万かかります。(これで家買えちゃいますね…(-_-;) )

今の年齢にもよりますが、ずっと賃貸なら30年以上住むことになると思います。

定年退職後もずっと家賃を支払い続けなくてはいけないとなると老後は不安になる方も多いのではないでしょうか。

まだ家の購入は先かな…と購入が遅くなればなるほどローンを組むのが遅くなり、実際に家を買うときには完済予定が定年後になる可能性もあります。

老後の暮らしにローン返済の固定支出が毎月あると考えると家計にも厳しくなってきてしまいそうです。

そして何より、同じ住宅費にお金を出すのであれば、家賃に払うより自己資産になる家のローンへの支出の方が価値があるものになるのかなと思います。

関連記事:→実際のところ、結婚のタイミングで家購入ってどうなの?

家のお買い物

選択肢は新築だけじゃない!中古×リノベでフルオーダーのマイホーム

いざ、家を購入するとなった時に、やはり新築で探す方が多いのはないでしょうか?

やっぱり新しい生活を新しい家でスタートさせたいと思いますよね。

新築は誰もまだ住んでいない綺麗な状態ですし、設備機器や耐震なども最新になっており安心感もあります。

ですが、その反面金額が高いのも新築です。立地重視で新築を探すとさらに高くもなります。

そして新築は万人ウケする間取りや設備が備わっていますが、実際住み始めると悪くはないけど自分達に合っていない‥などと思う方も。

だからといって新築でフルオーダーの家にするのは、予算オーバー…という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

関連記事:→新築やめて中古物件+リノベーションにしたら、2000万円得する!?

一方中古物件は、以前に住んでいた人がいたりどうしても抵抗がある…と考える人も少なくありません。

ですが、近年では築年数が経ってしまっている中古物件をリノベーションをするという選択肢が人気になってきています。

中古物件はなんといっても新築に比べて値段も安く、リノベーションの工事費を入れても、新築の6-7割ほどの金額で抑えることができるのも事実です。

さらにスケルトンリノベーションにすることで、間取りや配管なども自由に動かし変更したり、最新機器を設置することもできますし、自分達に合った家造りができるのも人気の一つです。

自由度の高い中古物件×リノベーションは失敗しない家の購入方法の一つと言えそうですね。

→施工事例はコチラ

 

折り上げ天井と下がり天井のLDK

結論:家の購入は早めにした方が生涯コストが抑えられる。

やっぱり賃貸に住んでいれば必然的に家賃がかかりますし、その家賃は残念ながらいくら払っても資産にはならないものなのです。

更に早めに住宅ローンを組むことでで完済も早く終わりますし、費用面に関しては確実に早い購入の方が賢いお買い物ができると思います。

ですが、コストを抑えることだけがいいタイミングなのではなく、社会情勢や各々の生活環境なども左右するものだと思うので、ご夫婦でじっくり話し合った方がいいお買い物ができるのではないかと思います。

せっかく家を購入するのであれば、ベストなタイミングで後悔しない買い物をしたいですね。

とはいっても、なんとなく、”家を買うのはまだかな~”となぁなぁに過ごしている方は今一度資金計画を見直すことをおすすめします。

しっかりとライフプラン・マネープランを立てることで無理のないローンの返済計画や、将来を見据えた家造りができ、満足できる家を手に入れることができると思います。

 

対面式のアイランドキッチン

 

賢く・お得に!あなただけの「自慢の家」をプロデュース

ウエディングリノベーションは、これから結婚する方や結婚して賃貸住宅にお住まいの方に、中古物件のリノベーションを通して、賢い住宅購入をお手伝いするサービスです。

ファイナンシャルプランナーが物件購入およびリノベーションの資金、月額の返済額・ローン計画、家具・家電の購入費、結婚資金、お子様の教育費…など、将来かかるお金の試算と人生設計をサポート。

無理のない購入ができるよう、物心両面で支援いたします。

夢のマイホームでそのまま長く住み続けるのも良し、賃貸や売却に出して不動産収入を得るのも良し。

あなたの人生を、もっとお得にプロデュースしませんか?

まずはお気軽にご相談ください!↓↓↓