今更聞けない!「リノベーション」と「リフォーム」の違いとは?どんな人がリノベ向きなの?

家の購入を考えたときに選択肢として最近よく耳にする”中古×リノベ”。

気になるけど今更聞けない”リノベーション”と”リフォーム”の違い。

リノベ済み物件は何が違うの?

どんな人がリノベーション物件を選ぶの?

などなど。

特にご質問が多かったみな様のギモンにお答えしていきます。

”リノベーション”と”リフォーム”の違いって何??

最近よくメディア等で紹介され聞くことが増えた、リノベーションとリフォーム。

よく耳にするけど違いがあいまい…そんなリノベーションとリフォームの違いを説明いたします!

リノベーションとは?

「リノベーション」とは、既存の建物に対して新たな機能や価値を付け加える改装工事を意味します。

性能は新築状態以上に高め、付加価値をつけることを意味します。

その中でも「スケルトンリノベーション」は内装や、間取り、配管といった躯体以外のものを全て作り変えることにより、住む人にとって心地いい間取りやデザインづくりが可能となります。

例えば、いくつかの部屋に分かれている間取りの壁を全て取り、風通しのいい広々としたリビングをつくったり、ファミリー用の部屋を一人暮らしに適した間取りや機能に刷新する‥などが挙げられます。

配線や配管のインフラ部分を刷新できることも住宅価値を向上していきます。

住む人のライフスタイルに合わせて刷新するのがリノベーションです。

 

 

リフォームとは?

ボロボロになった部分を修復する、老朽化したスペースを新しく改装する、といったケースを「リフォーム」と言います。

クロスや床の張り替えなどの小規模な工事や、設備の取り替え、外壁の塗り替えなどが主な施工内容です。

経年劣化によってマイナスの状態になった住宅を、新築時に近いゼロの状態のに戻すような工事が行われます。

リフォームは、時間を経て汚れて古びた内装を新築の状態に近づけるための改修です。

例えば、剥がれた壁紙を貼り替える、古くなったキッチンを新しいものに取り換えるなどが挙げられます

部分的・表層的な改修工事で、古くなった住まいを新築当時の状態に原状回復するためにおこなわれます。

 

 

また、最近よく聞くのがリノベーション済み物件。

リノベ済み物件とは不動産が中古マンションを購入してすでにリノベーションしている物件です。

内装や設備は一新されていることがほとんどです。

壁紙やフローリングなどの内装の壁や床、天井の仕上げ材が張り替えられ、キッチンやユニットバス、トイレ、洗面台などの設備も新しいものが設置されています。

新築のようなきれいな物件が割安で購入できる点はメリットですが、内装は自分達で決めるわけではないのですべてが思い通りの間取りになっているわけではありません

 

フルスケルトン

 

どんな人がリノベーションを選ぶの?こんな方にはリノベーションがオススメ!

 

  • 物件の立地にこだわりがある方。

    新築物件を探していても自分達の希望の場所に物件がなければ、そこに住むことはできません。仮に希望の立地に新築物件が見つかってもその物件の間取りや設備に不満があればそこもまた、検討していかなくてはなりません。そこでリノベーションを前提に中古物件を探してみると、選択肢が広くなります。というのも中古物件方が交通の利便性がいい立地に建っていることが多く、希望の物件が見つけやすくなります。

    さらにリノベーションをすることで間取りや設備を自分達好みに合わせて設計することができるので、まずは立地優先で物件を探せますし、内装も妥協することなく好きな空間に作り上げることができます。

 

  • できるだけ費用を抑えたい方

    やはり、新築物件に比べると中古物件はリーズナブルに手に入れることができます。さらにリノベの費用を追加しても新築を購入する額の6~7割の金額で抑えることができます。同じ立地、広さの物件でも新築か中古かというだけで金額が変わるのは大きいですね。

    さらに建物に係る住宅ローンと工事費用を合わせてローンを組むことができるので、工事費用のみで組むリフォームローンよりも低金利で組むことができます。

    いろいろな住宅ローンの組み方がありますが、物件の選び方や工事内容によって、自分に合った返済計画を立てることが大切です。

    現代の多くの方は住まいを購入することがゴールではなく、理想をかなえた空間で過ごすその先の暮らしの豊かさに重きを置いているかと思います。

    そのためには、無理のない返済が大事な要素であり、それが実現できて初めて「豊かな暮らし」を叶えることができるのではないでしょうか。

 

  • お家にこだわりの条件がある・自分な好きな空間で生活をしたい方。 

    管理規約や物件の構造になどで制限があるとはいえ、ある程度自由に間取りを計画できることからリノベの選択肢が増えてきています。SNSや雑誌などで目にしたおしゃれなタイルや壁紙、建具や家具など自分好みのお家にしていくことができます。こだわりの間取りや、デザインにしたいという方はリノベーションをおすすめします。

    「住まい」は買って終わりではなく、あくまでもその先の「暮らし」を豊かにするもの。

    満足のいく空間づくりとその先の豊かな暮らしを手に入れましょう。

 

 

リノベーションの魅力とは?自分のこだわりや価値観を大切にする人が増えている

少し前までは「注文住宅でない限り、家は自由に作れない」とされてきました。

今ではマンションも戸建てもリノベーションの自由度は格段に上がり、内装は自分好みにカスタムできる時代になりました。

自分の好みやこだわり、価値観を大切にする人が増え、それと同時に、住まいにも多様性という言葉が使われるようになりました。

人にどう思われようと、自分らしい住まいを手に入れたいというニーズが増えてきているため、自由度が高いリノベーションが選ばれています。

また近年、お問い合わせが多いのは結婚を機にご両親から家を受け継ぎ、リノベーションをしたいというカップル。

自分が育った家なので大事な思い出は残しつつ、自分たちのこだわりを形にした家を造りたいという方が増えています。

キッチンのタイルが差し色の木のアクセントウォール

 

 

どんな家に住みたいですか?心地のいいこだわりのお家に住みたいなら中古×リノベーションが1番

今まで、賃貸も含めいろいろな家に住んでみたけど、実際のところすべてが自分にぴったりくる家に出会うことはなかったと思います。

キッチンの広さや高さ、洗面所の場所、収納の広さや場所などここにこれがあったらいいのに‥と思って生活している方が多いかと思います。

これからご夫婦で何年後も同じところに住むのであれば、将来のライフスタイルの変化に合わせたり、自分たちにピッタリ合う家で過ごしたいですね。

費用を抑えてこだわりの家を持ちたい人は中古物件×リノベーションをお勧めします。逆に家にこだわりは特にない…建売の物件で十分満足という方はあまり必要ないかもしれません。

どんな家が合うのかは人それぞれかと思いますので、ぜひ自分たちに合ったお家探しをしてみてください。

ダイニングテーブルやデスクもリノベーションで造作する
アイアンと木の組み合わせでおしゃれに造作したLDKの家具は、キッチンも木で造作

 

 

賢く・お得に!あなただけの「自慢の家」をプロデュース

ウエディングリノベーションは、これから結婚する方や結婚して賃貸住宅にお住まいの方に、中古物件のリノベーションを通して、賢い住宅購入をお手伝いするサービスです。

ファイナンシャルプランナーが物件購入およびリノベーションの資金、月額の返済額・ローン計画、家具・家電の購入費、結婚資金、お子様の教育費…など、将来かかるお金の試算と人生設計をサポート。

無理のない購入ができるよう、物心両面で支援いたします。

夢のマイホームでそのまま長く住み続けるのも良し、賃貸や売却に出して不動産収入を得るのも良し。あなたの人生を、もっとお得にプロデュースしませんか?

まずはお気軽にご相談ください!↓↓↓

 

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます。