マンション購入で後悔しないために!3つの失敗例!

マンション購入を考えているけど不安…どんなことに注意すればいいの?

マンションを購入してリノベーションする自由度の高い家造りは年々増えており、今では家づくりの新定番となりました。

中古マンションの購入を検討しているけど、建物の劣化状況や環境など不安な点がいくつかあることも。

そこで今回は中古マンションの購入を後悔しないためにも失敗例や注意点を徹底解析します!

新築はやっぱり高い!なぜ中古マンションがいいの?

家の購入を考えたときに最初は新築物件を探していたけれど、予想以上に高く中古物件に目を移す方は多くいらっしゃると思います。

近年の新築物件の価格は私たちもびっくりするくらい高くなっています。

そこで予算内で購入できるのが新築より相場が安い中古マンションになります。

物件の築年数やエリアなど、条件によっては必ずしも中古マンションの方が新築より安いとは限りませんが、それでも新築よりはお得感があります。

そして中古マンションを購入する方には築20年以上の物件がオススメです。

マンションの価値というのは約20年かけて下がっていくと言われているのです。

築浅の物件では、まだまだ資産価値は降下気味。

築年数20年前後のマンションだと、価値の底値で購入ができ、さらにリノベーションすることで資産価値が上がります。

将来の住み替えの可能性も考えて、売却や賃貸に出す際にも資産価値の目減りが少なく、むしろ資産価値が少しでも上がる物件の方がお得に購入ができるのではないでしょうか?

 

 

 

木とブラックアイアンの造作キッチン

後悔しないお買い物!中古マンションの特徴とは?

新築より安く購入できて、リノベーションによって自由に自分達の好きな内装や間取りにすることができても、変えられない点というのがあります。

購入の際にはぜひとも覚えておいていただきたい注意点をお伝えします。

  • 建物の構造(耐震性)
  • コンクリートの状況(耐久性)や建物の構造
  • 管理規約により変更できない部分
  • 住んでいる人(隣人)
  • 管理や修繕積立金の計画
  • 眺望や周辺環境…etc

 

購入時(内見時)には変えられない部分はどこなのか、しっかり見極めましょう。

数年後、修繕積立金が高騰したり、管理状況の不備に気づき後悔することもあるかもしれません。

 

関連記事→30代の家探し。賢く家を買いたい!

施工後キッチン

他人事ではない!中古マンション購入において3つの失敗例

購入の際に実際にあった後悔した事例をご紹介!

「こんな人が住んでいたの?隣人トラブル」

マンションは上下左右の住戸と隣接しているため隣人トラブルが起きやすい住まいです。

いざ、引っ越しをしてみたら隣人との生活リズムの違いから生活音がうるさくて眠れなかったり、夜中に友人と騒いでいたり、ベランダに私物が溢れている…などなど。

いわゆる隣人トラブルやモンスター隣人の有無を事前に知っておくことは大事です。

新築の場合はみんなが同時に住み始めるので事前に知ることは難しいですが、中古の場合はすでに住んでいるので購入を決める前に一度確認しておくことをおすすめします。

 

「マンションの新耐震基準を満たしていなかった」

耐震性に関して、大体のマンションは大丈夫だろうと思いそこまで深く考えることがなかったが、購入後に新耐震基準が満たしていないことが判明!

不安になる方も多くいらっしゃると思います。

ですが、新耐震基準を満たしていなくてもまず管理をしっかり行っているのかどうかをチェックしましょう!

耐震改修や補強を行っており、管理状況が良好であれば新耐震基準のマンションよりもいい物件はたくさんあります。

新耐震基準のマンションだからといってずさんな管理のマンションですと将来ダメになってしまう可能性もあるので、購入前にはマンションの管理状況を確認してから検討しましょう。

 

「安く購入できたと思ったのに修繕積立金が高い!」

せっかく中古物件を安く購入できたのに修繕積立金が高い…しかも新築の方が積立金が安いんじゃないか…と損した気分に。

修繕積立金とは十数年ごとに大規模なマンション全体の修繕を行うためのもの。

その費用を入居者から募るものです。

そして修繕費は築年数が経っているほど大規模な修繕が必要になるので中古物件の積立金は高い傾向にあります。

新築の場合は最初は修繕積立金を安く設定しておいて、後々高くなる可能性もあります。

ですが積立金は安い方がいいというわけではなく、逆に安すぎる場合はマンション側が適正な修繕を行ってくれないということもあるのでしっかり確認しましょう。

住宅ローンの支払いと併せての支出になるので将来高くなって困るよりも事前に確認して無理のない支出になるように見積もるといいでしょう。

 

家購入までの準備についてはコチラ→新婚カップル、初めての家購入!何から始めるべき?

家の購入。頭金っていくら必要?貯金額はどのくらいなの?

 

壁ごと回転してもう1台のTVを設置|ウェディングリノベーション

 

 

後悔しないためにもマンション購入前の確認は必ず行いましょう!

事前の確認で防げる点はたくさんあります。

家の購入は一生に一度の大きな買い物です。

購入後に損や後悔をしないように、どんなポイントをおさえて物件を選んだらいいのか、事前にしっかり調べておくことが大事です。

そして、中古マンションのリノベーションを検討しているなら、ワンストップリノベーションをお勧めします。

マンションの管理規則により変更できない部分があったりすると、せっかくこの間取りにしたかったのに、規則によってできないなんてことも購入後に発覚するかもしれません。

ワンストップリノベーションであれば、物件探しから、内見も同行して物件を一緒に見るので、プロの目で見て的確なアドバイスをすることができます。

また、フルリノベーションすることで見えない部分(配管の劣化などによる水廻りの問題)の問題も配管を新しくしたりもできるので、新築同然の家造りをサポートできます。

高いお金を出してのお買い物なので、少しでも不安な点があったら必ず確認してから購入するといいでしょう。

関連記事→どうやってイメージを形にしていくの?こだわりの家ができるまで。

 

造作洗面室は、木のグラデーションで暖かみとおしゃれ感抜群
みんなが毎日使う洗面室は、造作で暖かみのある空間に

 

 

賢く・お得に!あなただけの「自慢の家」をプロデュース

ウエディングリノベーションは、これから結婚する方や結婚して賃貸住宅にお住まいの方に、中古物件のリノベーションを通して、賢い住宅購入をお手伝いするサービスです。

ファイナンシャルプランナーが物件購入およびリノベーションの資金、月額の返済額・ローン計画、家具・家電の購入費、結婚資金、お子様の教育費…など、将来かかるお金の試算と人生設計をサポート。

無理のない購入ができるよう、物心両面で支援いたします。

夢のマイホームでそのまま長く住み続けるのも良し、賃貸や売却に出して不動産収入を得るのも良し。

あなたの人生を、もっとお得にプロデュースしませんか?

まずはお気軽にご相談ください!↓↓↓

 

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます。